top of page

アメリカ輸出で直面する10の課題




最近、副業や企業で越境ECに挑戦する人が周りにいませんか。私の周りでもアメリカ輸出をしてみたいと言われる方がちらほらおられます。


閉塞感のある日本の市場から抜け出して世界とビジネスがしたいと考える方も少なくないでしょう。


外国に移住しなくても国際ビジネスを今からしておくことで将来機会が開かれたら外国に実際に住んで現地の人と一緒に働けるかもしれません。


さてアメリカ輸出には大きな可能性を感じるけど、なんかハードル高いな~って感じているでしょうか?


確かに米国のAmazoに出品するには幾つかの壁を乗り越える必要があります。


ここでアメリカ輸出する時の壁について考えます。



アメリカ輸出で直面する10の壁


1. 輸出には法律があるので、きちんと守らないといけない。


2. 輸出先を選ぶのは難しく、事前に市場調査が必要。


3. お金の支払いや通貨の問題がある。


4. 製品には品質や安全などの要件があるので、それを守らないといけない。


5. 製品を運ぶ時に、手続きが必要。


6. 製品を出荷するときには、税関で手続きをしないといけない。


7. 海外にも同じような製品を作っている会社がある。


8. 言葉や文化の違いがあるので、伝え方に気をつけないといけない。


9. 自分の製品が他の会社の製品よりも優れていることをアピールすることが大事。


10. 法律が変わることがあるので、常に最新の情報を得る必要がある。



もっとも重要な課題は?


特に1の「法律や規制、輸出手続きなどの知識を持っていること」は重要です。


アメリカは日本に比べて食べ物や健康についての法律が厳しいので注意してなくてはいけません。


また、市場調査やビジネスマナーなどのビジネススキル・英語力や異文化理解などのコミュニケーションスキルも重要です。


これらの知識やスキルを学ぶことで、アメリカ輸出ビジネスを成功させるための準備ができます。


「知識に対する投資は、いつでも最高の利益を生み出す。」 - ベンジャミン・フランクリン



今のあなたにできること


急に英語力を身につけようと思っても一朝一夕ではできませんが、ビジネスマナーや異文化理解は比較的ハードルが低いのではないでしょうか?


近くの本屋さんやオンラインショップでそれらの知識が学べる本を購入してみるのはいかがですか?


また最近ではYouTubeなどの動画サイトでも文化について取り上げられているので、現地に住む人の声から多くのことが学べますね。


そのようにして異文化理解やビジネスマナーを身につけ、輸出先の国の人々とうまくやってゆけるよう準備するなら、アメリカ輸出を成功させることができるでしょう。

閲覧数:9回0件のコメント

Commentaires


bottom of page