top of page

アメリカ輸出はハードルが高い!?



アメリカ市場

最近、副業や企業で越境ECに挑戦する人が周りにいませんか。

私の周りでもアメリカ輸出をしてみたいと言われる方がちらほらおられます。


先が見えている日本の市場から抜け出して、世界を相手にビジネスがしたいと考える方も少なくないでしょう。


さてアメリカ輸出には大きな可能性を感じるけど、ハードル高いと感じているでしょうか?


確かにアメリカアマゾンを始めるためには幾つかの壁を乗り越える必要がありその気持ちわかります。私もかつてそうでした。


ここでアメリカ輸出をする時の壁ともいうべき課題を10個あげましょう。


1. 輸出には法律があるので、きちんと守らないといけない。


2. 輸出先を選ぶのは難しく、事前に市場調査が必要。


3. お金の支払いや通貨の問題がある。


4. 製品には品質や安全などの要件があるので、それを守らないといけない。


5. 製品を運ぶ時に、手続きが必要。


6. 製品を出荷するときには、税関で手続きをしないといけない。


7. 海外にも同じような製品を作っている会社がある。


8. 言葉や文化の違いがあるので、伝え方に気をつけないといけない。


9. 自分の製品が他の会社の製品よりも優れていることをアピールすることが大事。


10. 法律が変わることがあるので、常に最新の情報を得る必要がある。


この中でも特に1番目の「法律や規制、輸出手続きなどの知識」は重要です。

アメリカは日本と比べて、食べ物や健康についての法律が厳しいのでアメリカ輸出の時は注意が必要です。


また、市場調査やリサーチなど、アメリカの市場に参入するのですから、マーケットについての知識も必要でしょう。


越境ECでは忘れがちですが、ある程度の言語や異文化理解などのビジネススキルも必要です。たとえば、現地の顧客が購入したくなるような商品カタログやマーケティング、SEOの対策のスキルは越境ECにおいて非常に重要です。


これらの知識やスキルを学ぶことで、アメリカ輸出ビジネスを成功させるための準備ができます。

bottom of page